2017-10

豚の角煮弁当

スーパーナチュラルのアニメが深夜に放映されていることを
昨晩初めて知りました…。

…もっと早く知っていたらブルーレイ録画したのにさぁ…。(泣)



豚の角煮01

今日のお弁当
・豚の角煮(玉子&大根付き)
・塩茹で小松菜
・いつもの赤いの
・のりたまご飯



久しぶりに角煮作成。
お弁当箱がレンチン不可なわっぱなので
冷めていても、なるべく美味しく角煮が味わえるように
気合い入れて脂抜き開始。


《脂落とし第1弾》
一口大にカットした豚バラ肉をフライパン(油不要)で
焦げ目がつくまでジュージュー焼く。
これだけでもフライパンにはギットリの脂。

《脂落とし第2弾》
焼き上がった豚バラ肉を水&酒を入れた鍋で
1時間半~2時間ほど弱火でくつくつ煮込み。
鍋の表面には大量の脂がプカプカ。

《脂落とし第3弾》
煮込み終わった豚バラ肉を熱いうちにざるにあげ。
熱湯(not鍋湯)をまわしかけて
表面についた脂やアクをザッと落とす。

最後に、必ずお肉を1コずつキッチンペーパー等で
しっかり拭いてから調味料の入ったお鍋にIN。


これで、お昼に白くてねっとりした脂を
食べるハメにはならないです。
ほろほろに柔らかくて冷めても美味しい角煮が完成。




豚の角煮02


味付けに中ざらめを使うとコクがでてさらにウマウマ。
無い場合はもちろん砂糖でオッケー。
お肉に味が染み込んだら最後に水溶き片栗粉を入れて
トロッとさせた汁をお肉に絡めてお弁当箱へ。


ちなみに画像のお肉&大根の下には
塩茹で小松菜がたーんと隠れております。
相変わらずの上げ底っぷり。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【本日の記録】

・野菜もちゃんと食べなさいね。 by某里の誉れさん(29)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



明日は待望のお給料日。
大部分が車検&タイヤフル交換で飛ぶんですけどね!チキショー。






↓クリックして貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
お料理の美味しさ引き出す秘訣に、「手間」ってやっぱり不可欠だと思います。この手間を掛けるか掛けないかで、とてつもない差が出ますよね。通常、ご家庭(=自分用)だと、この手間を省いて「簡単料理」になってしまうけど、海野さんのしっかり(ご自分用であっても)手間を掛けるお料理魂に脱帽です!私、誰かに食べて貰う料理だとしっかり手間暇掛けられるんですが、どーも自分用だと手抜きになってしまって、結局のところ、そういった普段の(板についた?)手抜きが、「イザ!」って時に出てしまうんじゃないかちょっと心配なこの頃です。ですので・・・今晩は、自分用に手間掛けたお夕飯作ってみようと思います。
P.S.豚の角煮は、週末ブロック買ってきて作ろうかな~(^^)

Re: タイトルなし

ディディさん、おはようございますッ!
遊びに来てくれて嬉しいですー♪感謝!>▽<

根っからの食いしん坊なので、
美味しくなるならやらなきゃ損だろー!的な勢いで
毎日お弁当を作っております。

しかし!見ての通り、
時間がない時やヤル気ゼロの時は
壮絶に手抜きしまくりのマイペース弁当。

しかも、食べるのが自分オンリーなので
ヘンテコリンな実験的弁当を作ったりして
好き勝手に楽しんでいます(笑)

でもやっぱり、ディディさんみたいに
食べてくれる人がいるのは素敵なことですよねぇ。
羨ましいです。

私もディディさんお手製のご飯を食べに
タイまで遊びにいっちゃおうかな…(笑)
ディディさんの豚の角煮が食べたいです!ふふふ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentonosho.blog56.fc2.com/tb.php/124-2598071f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サーモンムニエルの和風タルタル弁当 «  | BLOG TOP |  » レッドカレーピラフ弁当

プロフィール

海野夏維

Author:海野夏維
当ブログのコメント欄はドM様専用コメント欄になっております。
「あぁーん!この放置プレイがゾクゾクして堪らないワァー!」という真性の方のみご利用ください。

……いや、マジでほぼ返信は存在しないです。サーセン。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お弁当日記 (1522)
おうちご飯 (130)
ふらふら道中記 (14)
レポ日記 (1)
おでかけご飯 (45)
お知らせ (2)
お部屋 (3)

thanks

PVアクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR