2017-08

鶏の和風ピカタ弁当

和風ピカタ弁当01

今日のお弁当
・鶏の和風ピカタ
・こんにゃくの山椒炒め
・長ネギの柚胡椒マリネ
・ピーマンとにんじんのきんぴら
・鮭ふりかけご飯

鶏の和風ピカタはE・レシピから。

溶き卵に白胡麻と青のりを混ぜておく。
塩をふって、小麦粉を薄くまぶした鶏むね肉に
卵液を絡めて、焼いておしまい。
食べる時はポン酢をつけて。

出来立てを味見。うーん。
前に作ったノーマルピカタの時も思ったけど
やっぱり自分はピカタの味にあまり魅力を
感じないという事を再認識。(何故作る自分…)

ただ、この和風ピカタは
青のりの香りがすごいのと
鶏むね肉がしっとり仕上がるというのは
なかなかのポイント。かな。


和風ピカタ弁当02

当初、ご飯の上には茗荷の梅酢漬けの予定が
瓶のフタがどうにもこうにも開かなくて
急遽ふりかけご飯にチェンジ。

フタを火で軽くあぶってみたり、
硬いものでトントンしてみたり、
フタ開け専用のゴム板使ってみたりと
朝から悪戦苦闘したものの見事惨敗…。

今夜、またフタ開けに挑戦予定。
これがたいして好きじゃないモノなら
あっさり諦めるトコだけど
茗荷の梅酢漬けは絶対に諦められぬ(笑)



↓クリックして貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お 偶然。
私も 今日は鶏のピカタでした。
私のは 鶏ささみのノーマルピカタで 
下にこっそりケチャップを挟みましたよ。

瓶の蓋が開かないのは困るよねー。
息子が居た時は 力で開けてもらってたけど
お一人様になってからは 同じように
トントンしたり 熱であぶったり・・・
それでも開かなかったものは
息子が帰ってくるまで オアズケです。
現在、栗の甘露煮と ジャムの瓶が待機中。(^_^;)

おはようございます
『ピカタ』って~イタリアンで、し、た、、、よね???一瞬、何処の料理だっけ?ってなりました(笑)

簡単そうだけど、イマイチ自ら手掛ける気にならないのですが、何だか食べたくなってきたんで週末にでも☆

昨日は7月半分まで読ませてもらいました。『叉焼』の肉の下ごしらえはサラッと書いてました!その後、『油そば』の麺の悩みが解決したのか…楽しみに読み続けますね☆

TO ちゃらんさん♪

二人揃って見事にピカタDAYでしたねっ!ふふふ。

開かない頑固なフタも男手があると
力技で解決できて、かなり羨ましいですー!いいなー。
瓶を冷たくしてフタを温めると開きやすくなると
Google先生が教えてくれたので、挑戦してみます☆
これで無理だったら…フタを缶切りで開けちゃおうかと!(笑)

TO あじゅさん♪

あじゅさん、おはようございまーす♪
ピカタはイタリア料理で正解☆とグーグル先生が言ってました。
実は調べるまで自分も「どこの料理??」状態だったり(笑)

そして「油そば」の麺問題は惨敗のままです…無念!><
麺のくっつき具合に悪戦苦闘する事になっても
大好物なので、今年の夏もお弁当に持っていく予定ナリ。
まったく成長していない油そば弁当を見かけたら笑ってください(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentonosho.blog56.fc2.com/tb.php/294-e31e0c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サムギョプサル丼弁当 «  | BLOG TOP |  » スパニッシュオムレツサンド弁当

プロフィール

海野夏維

Author:海野夏維
当ブログのコメント欄はドM様専用コメント欄になっております。
「あぁーん!この放置プレイがゾクゾクして堪らないワァー!」という真性の方のみご利用ください。

……いや、マジでほぼ返信は存在しないです。サーセン。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お弁当日記 (1479)
おうちご飯 (129)
ふらふら道中記 (14)
レポ日記 (1)
おでかけご飯 (45)
お知らせ (1)
お部屋 (3)

thanks

PVアクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR