2017-08

牛カルビ塩麹焼肉丼弁当

我が家では毎朝一回のお弁当作りで
まな板や食器、調理器具などを
平均4〜5回くらい、熱湯消毒実施。

消毒といっても
電気ケトルでグラグラ湧かした熱湯を
洗ったまな板等に仕上げでかけてるだけなんですが。

電気ケトルでお湯を沸かすと
電気料が1回約4円くらいとか。

20円未満で食中毒の心配が減るなら
安いモンだよなーと思いつつ
エコライフとはほど遠い生活なのも
ちょっとアレかなー…と思ってみたり。


牛カルビ塩麹焼肉丼弁当01

今日のお弁当
・牛カルビ塩麹焼肉丼

毎度おなじみの
お弁当作りたくない症候群キタコレ。
こういう時は超ラクチンな焼肉丼。お約束。

お肉は100g138円のアメリカ産牛カルビ。

さすがBBQの国、アメリカ産。
赤身がしっかりというか
カルビなのにいかにも固そうなんだぜ!
サシなんて言葉は知らないぜ!みたいなー(笑)

そんなわけで
まるっと一晩、塩麹漬け。
「酵素先生!タンパク質のヤローを
分解しちゃってくだせぇ!!」みたいなー。


朝は野菜を切って、余分な塩麹を落として
焼肉のタレでカルビ焼けば完成だぜイェアー!
…と思ったら、冷蔵庫のどこを探しても
肝心の焼肉のタレが見当たらない。

どうやら、使いきっていたらしい。
オーマイガー。

仕方ないのでコチュジャン、オイスターソース、
ハチミツ、紹興酒、醤油、生姜&にんにくのすりおろしを
混ぜて自家製焼肉のタレ作成。
りんごが家に無くて残念無念。


しかし、このビジュアル。
以前に作ったこの弁当と酷似しているような
してないような。


牛カルビ塩麹焼肉丼弁当02

いえいえ、前回は豚バラ肉。
今回は牛カルビ肉。
そして、前回の味付けは塩&胡麻油。
今回は自家製焼肉のタレ。

意外と違うんですよ、
シュテルンビルトの守護天使様。

見た目はほとんど一緒だけどな!(笑)



↓クリックして貰えると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは☆

あーシーガルだー!!
しかも、お、お、おいしそ〜!!
今日はランチの後に海野さんのとこに来たのに
またオナカが減ったのはナゼ!?
タレ、手作りでこの艶感はすごいっす。
そんじょそこらのリップグロスには負けない感じですね(笑)

しかも、飛んだ先でパンダ杏仁発見!!
今日、こあらのお弁当に持たせたんですが
パンダ杏仁おいしすぎます!!我が家ではこれから1人1パックになりそうです(笑)
昔から、カルディでパンダ杏仁見かけてたんですが、買った事はなかったんですよー
いやぁ海野さんのブログで見なかったら、このままずーっと食べずじまいでしたよー。
ごちそうさまでした〜♪

TO あひるさん♪

あひるさん、いらっしゃーい♪ヾ(*'▽'*)ノ

野菜になにも味付けをしていないので
カルビにタレを存分に絡めたら
なんだか照り照りになっちゃいました。てへ☆

そして、焼肉丼みたいなガッツリ系弁当にはやっぱり
わっぱよりもシーガルのほうが断然有利!な気がします(笑)

おぉ!カルディのパンダ杏仁仲間が増えた!嬉しい(笑)
下手な中華料理屋の杏仁豆腐よりもずっと美味しいですよねー!!
もし、酸っぱいのが大丈夫なら、レモン果汁に砂糖と水を混ぜた
レモンシロップをかけても爽やか旨いですよん♪

ちなみにパンダ杏仁には恋人(!?)のパンダマンゴープリンも
いるのですが、こっちもなかなか食べやすくて旨いです。
マンゴープリンは夏季限定アイテムなので、今がチャンス!(笑)
って、まるでカルディの回し者でスミマセン(●´Д`●)アワワ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentonosho.blog56.fc2.com/tb.php/333-fd177411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

賞味期限切れのナンは印度カレーの夢をみるか? «  | BLOG TOP |  » レバーの竜田揚げ甘酢しょうゆ弁当

プロフィール

海野夏維

Author:海野夏維
当ブログのコメント欄はドM様専用コメント欄になっております。
「あぁーん!この放置プレイがゾクゾクして堪らないワァー!」という真性の方のみご利用ください。

……いや、マジでほぼ返信は存在しないです。サーセン。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お弁当日記 (1480)
おうちご飯 (129)
ふらふら道中記 (14)
レポ日記 (1)
おでかけご飯 (45)
お知らせ (1)
お部屋 (3)

thanks

PVアクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR